カンジダとは

カンジダは慢性化しやすい性病です

膣内に存在するカンジダ菌が異常に増殖し、その結果、膣やその周辺にさまざまな炎症をおこす病気です。カンジダは一度なってしまうと治っても再発しやすく、また、めんどうなことに慢性化してしまうこともあります。カンジダは市販の薬では治まりませんので、慢性化させないためにも早めに病院で治療を受けることが大切です。
カンジダ菌とはかびの一種のことですが、実はこれ、男性でも女性でもかならず腸内に持っている菌なのです。女性の場合は腸のほかに膣内にもカンジダ菌を持っている場合があり、それが発症元となります。しかし膣内は、ふつうカンジダ菌が繁殖できない環境になっており、健康な状態であれば膣内のカンジダ菌はすぐにいなくなってしまいます。
カンジダは疲れがたまって免疫力が落ちているとき、妊娠などでホルモンのバランスが不安定なときにかかりやすい病気なのです。このようにカンジダは一応、性病という枠におさめられてはいますが、性行為をしなくても発症することがあり、そういった意味では皮膚病ととらえることもできます。
男性でももちろん、カンジダになってしまうことはあります。しかし発症した場合の不快感は、女性のほうがはるかに大きいようです。これもカンジダのひとつの特徴といえるかもしれません。カンジダは、心身ともに健康な状態であれば、それだけで格段に発症する確率は低くなります。規則正しい生活がカンジダ予防につながるのです。

カンジダの症状

カンジダは自然に治ることはありません

カンジダは女性のほうが症状にでやすく、その大きな特徴は悪臭のない白いおりものです。そのほかに激しいかゆみや痛みを感じることもあります。おりものは黄みがかっていることもあり、ヨーグルトのようなものや酒かすのようにポロポロしたものが出ます。このおりものが膣内でカンジダ菌の炎症が起こっているときの最初のサインです。
カンジダの症状がすすむと、これらのおりものによって外陰がかぶれ赤くはれてしまったり(外陰炎)、慢性化して治りにくくなってしまうこともあります。カンジダが慢性化すると、白いおりものの量が減ってきます。ここで、よくなってきたんだ!と勘違いしてそのまま放置してしまってはいけません。カンジダは自然に治ることはなく、かゆみや痛みも自然になくなることはありません。いつもとちがうおりものがでるようになったな、と感じた時点ですぐに病院に行きましょう。
一方、男性のカンジダの症状は軽く、カンジダを発症しても性器のかゆみや排尿時のわずかな痛みを感じる程度です。包茎の人では赤みや発疹ができることがありますが、いずれも軽いものです。さらに人によっては症状にでないこともあり、カンジダに気づかず、感染を広めてしまう危険性もあります。性行為でカンジダに感染した場合は、発症までだいたい3日ほどです。男性でカンジダ感染の可能性が考えられる場合は、日数経過後、特に症状にあらわれなくても検査しておくことをおすすめします。

カンジダの感染原因

カンジダは性行為以外でも発症します

カンジダになってしまう原因には大きくわけてふたつあります。まずひとつは、免疫力が低下している、あるいはホルモンバランスが不安定になっているためです。健康な状態であれば、もし膣内に少しのカンジダ菌が入ってしまっても殺菌することができ、カンジダにはなりません。しかし免疫力が不足しているとカンジダ菌の増殖を抑えきれず、カンジダを発症してしまうのです。
また、ほかのウィルスを抑えるための抗生物質も、カンジダが増殖しやすい環境を作ってしまうとされています。そのため、体調を崩したことがきっかけでカンジダになってしまう人もたくさんいます。風邪を引きやすい時期はカンジダにもなりやすい時期だといえるでしょう。それからストレスによる免疫力の低下がもとでなってしまうこともありえます。ホルモンバランスが乱れやすい、月経前後も注意が必要です。
それからもうひとつの原因は性行為による感染です。カンジダは男性では自覚症状がないことが多く、知らず知らすのうちにカンジダ菌をばらまいてしまっている可能性があるのです。それから、清潔さが保てないこともカンジダの発症率を高くします。
カンジダはこのように性行為をしなくてもなってしまう可能性が十分にあるのです。女性はとくに、気をつけなければなりません。心身ともに健康であることと、適度に清潔であることを心がけ、カンジダ菌を増殖させないようにしましょう。

カンジダの検査

気になる症状が出たらカンジダの検査をしましょう

カンジダかどうか調べたいとき、女性では産婦人科、男性では泌尿器科に行けば検査をしてもらえます。検査方法は女性の場合は培養検査というものによって、カンジダの有無を調べます。培養検査とは、まず長い綿棒のようなものを使って、膣内の分泌物をすこし採取します。そして分泌物のついた綿棒を専用の菌培養地にセットします。この培養地はカンジダ菌だけが繁殖できる環境になっており、もしカンジダに感染していれば、カンジダ菌の大量繁殖がみられるというわけです。
男性のカンジダ検査は多くが尿検査によるものですが、場合によっては綿棒で陰茎をこすり、女性と同じように培養検査でカンジダ菌を調べます。男性の培養検査は、発疹や赤みはあるのに尿道にはほとんど不快感を感じていないときなどにおすすめです。
このようなカンジダの検査が自宅でできる、検査セットの郵送サービスもあります。誰にも会わず誰にも知られずにカンジダの検査ができますが、検査結果が届くまでに少し時間がかかり、感染していた場合、治療に入るのがやや遅くなってしまう可能性があります。基本的に病院でのカンジダ検査と同じ方法なので、とくに女性は自分で膣内の分泌物(粘膜)を採取しなければならず、十分な注意が必要です。
生理中や妊娠中・妊娠の可能性があるときはカンジダ検査はできませんし、してはいけません。どうしても不安なときは、医師に相談してみたほうがいいでしょう。

カンジダの治療

カンジダの治療は完治するまで続けましょう

女性の場合はおもに膣内洗浄と膣へのカンジダ菌を抑える薬の投与、外陰の炎症を抑える塗り薬で治療します。膣内洗浄の頻度はカンジダ菌の繁殖具合によっていろいろですが、だいたい週に1~2回ほどです。繁殖がすすんでいれば、毎日通院しなければならないこともあります。外陰がひどい炎症をおこしているときは塗り薬をぬるまえに、お湯でやさしく洗いましょう。薬局などの専門の軟膏で治療する方法もありますが、できるだけ病院で治療されることをおすすめします。
入浴時は低刺激な石けんを使いこすらず、洗い終わったら丁寧にすすぐよう心がけるといいですね。あまり熱心に洗いすぎても返って膣を弱らせ、カンジダが繁殖しやすくなってしまうので、とくに潔癖ぎみの人は注意が必要です。
男性の場合は発疹ができていたりしてもほとんどが軟膏だけで治ります。男女ともにカンジダ治療は比較的はやく効果があり、始めてから3~4日目くらいで症状は軽くなります。しかし完全によくなるまでには2週間くらい必要です。カンジダの症状が治まったからといって油断せず、最後まで治しきることが大切です。
とくに男性はもともと症状が軽いぶん、適当に思ってしまいがちです。医師からカンジダが完全になくなったことを告げられるまで、治療はきちんと続けましょう。一度カンジダになるとそのあともカンジダになりやすいので、完治したあとのケアも大切です。