カンジダの感染原因

カンジダは性行為以外でも発症します

カンジダになってしまう原因には大きくわけてふたつあります。まずひとつは、免疫力が低下している、あるいはホルモンバランスが不安定になっているためです。健康な状態であれば、もし膣内に少しのカンジダ菌が入ってしまっても殺菌することができ、カンジダにはなりません。しかし免疫力が不足しているとカンジダ菌の増殖を抑えきれず、カンジダを発症してしまうのです。
また、ほかのウィルスを抑えるための抗生物質も、カンジダが増殖しやすい環境を作ってしまうとされています。そのため、体調を崩したことがきっかけでカンジダになってしまう人もたくさんいます。風邪を引きやすい時期はカンジダにもなりやすい時期だといえるでしょう。それからストレスによる免疫力の低下がもとでなってしまうこともありえます。ホルモンバランスが乱れやすい、月経前後も注意が必要です。
それからもうひとつの原因は性行為による感染です。カンジダは男性では自覚症状がないことが多く、知らず知らすのうちにカンジダ菌をばらまいてしまっている可能性があるのです。それから、清潔さが保てないこともカンジダの発症率を高くします。
カンジダはこのように性行為をしなくてもなってしまう可能性が十分にあるのです。女性はとくに、気をつけなければなりません。心身ともに健康であることと、適度に清潔であることを心がけ、カンジダ菌を増殖させないようにしましょう。