カンジダとは

カンジダは慢性化しやすい性病です

膣内に存在するカンジダ菌が異常に増殖し、その結果、膣やその周辺にさまざまな炎症をおこす病気です。カンジダは一度なってしまうと治っても再発しやすく、また、めんどうなことに慢性化してしまうこともあります。カンジダは市販の薬では治まりませんので、慢性化させないためにも早めに病院で治療を受けることが大切です。
カンジダ菌とはかびの一種のことですが、実はこれ、男性でも女性でもかならず腸内に持っている菌なのです。女性の場合は腸のほかに膣内にもカンジダ菌を持っている場合があり、それが発症元となります。しかし膣内は、ふつうカンジダ菌が繁殖できない環境になっており、健康な状態であれば膣内のカンジダ菌はすぐにいなくなってしまいます。
カンジダは疲れがたまって免疫力が落ちているとき、妊娠などでホルモンのバランスが不安定なときにかかりやすい病気なのです。このようにカンジダは一応、性病という枠におさめられてはいますが、性行為をしなくても発症することがあり、そういった意味では皮膚病ととらえることもできます。
男性でももちろん、カンジダになってしまうことはあります。しかし発症した場合の不快感は、女性のほうがはるかに大きいようです。これもカンジダのひとつの特徴といえるかもしれません。カンジダは、心身ともに健康な状態であれば、それだけで格段に発症する確率は低くなります。規則正しい生活がカンジダ予防につながるのです。